2009年04月22日

ベッカムの次はナナ…

木曜日、仕事から帰るとベッドに大量の嘔吐物が…。

その時はどっちが吐いたのかわからなかったんだけど、

夕飯食べたあとにナナが少し吐き、ナナとわかったんですが、

その時は調子悪いのかな〜?くらいだったんですが、

翌日の昼くらいにも吐いて、1時間後にまた吐いたので

これはおかしい!と思い、すぐ病院に連れて行きました。

レントゲン撮ってもわからず、バリウムを飲ませ1時間待機。

再度レントゲン撮るもバリウムは小腸の方まで流れてるので

問題なく、レントゲンには小さい影が少し見えるので、

これが食べ物の残りなのか、異物なのかわからないので

点滴を打つので、丸一日絶食して下さいと言われました。

点滴も痛そうで見てられなかったです。。。

家に帰るとベッカムがナナのところに寄って来て大変だったので

20090420-01.jpg

おかんに迎えに来てもらい実家に預けることにしました。

20090420-02.jpg
↑ちなみにベッカムは実家では仲良くやってたみたいです。


ナナは夜21時位に再度吐きました。

その時は吐く寸前にオシッコも漏らしてしまい、そんな状態は

初めてみたので動揺してしまい、病院に電話しました。

先生は「とりあえず朝まで様子見てください」とのこと。

不安を抱えながらナナがもう吐かないように願い一緒に寝ました。


翌朝起きると7時位にまた吐きました。失禁もしました。

朝9時になり病院に行く時間になるまでが永遠と思えるほど

長く感じました。

病院に行くとレントゲン→血液検査→バリウムとやって、

血液検査の結果「ビリルビン」の数値が平均値より高い以外は

どこも問題なく、心拍心臓も正常とのこと。

昨日写ってた影もなくなり、外科的処置は必要ないとのことで

また点滴をし、家に帰りました。


12時から車で3分のフットサル場で練習試合だったので

1時間おきに家に様子を見に帰る形で参加しました。

夕方になるとお散歩もし、夜には水も飲んでオシッコも沢山し

元気になってきました。

翌朝には元気に朝の散歩に出かけ、24時間吐いてなかったので

ご飯をあげました。様子を見て吐かなかったので、

ベッカムを連れてきてもらい、二日ぶりの対面で興奮しても

問題なかったので一安心してフットサルの練習に向かいました。

帰って来て、家どドアを空ける瞬間が一番ドキドキしました。

でも元気よく吠えて出迎えしてくれて、部屋にも吐いた後が

なかったので、ホッとしました。

20090420-03.jpg

↑お騒がせのナナです。原因不明ってのが気になりますが、

このまま問題なく元気に過ごしてほしいです!

健康が一番です!!!!!
ニックネーム makko at 02:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする