2009年03月30日

ベッカム初入院

3/26(木)の夜、僕が食べてたマックポテトが床に落ちたのを

ナナに取られまいと、ベッカムががっついて食べました。

しかし、気管に入ったのかすぐに嘔吐。

まぁこういうことはたまにあるので、心配してなかったんですが

嘔吐後ずーっと苦しそうにゲェゲェしてまた吐こうとしてるし、

呼吸はヒューヒュー言って、治りません。

慌てて24時間対応の病院に連絡して、赤信号を無視しまくって

病院に到着し、すぐに診察してもらいレントゲンを撮りました。

食道は綺麗なんですが、呼吸する気管がペシャってなってるのが

気になるといわれました。で、最終的な先生の診断は、

1、ポテトを吐いた時に気管が傷ついた。

→酸素室と薬投与。

2、ポテトを吐いた時に一部が鼻の方へはいってしまった。

→チワワの気管は小さいので大学病院で内視鏡と手術。

と言われました。すぐに酸素室でステロイドを投与。

30分待合室で待って先生に呼ばれました。

呼吸が良くはなってきてますが、まだ再発すると怖いので

入院して、次の日の午前中にもう一度薬を投与して良くなったら

迎えに来て下さいと言われました。


・・・この時点で僕の心臓は押しつぶされたように苦しく、

ベッカムのこと以外、他のことは何も考えられない状況でした。


翌日のお昼にベッカムの状態が安定したと連絡があり

すぐに迎えに行きました。

が、ベッカムを看護師さんから渡された時に、

すでにまだ呼吸が荒いのがわかりました。

「症状が改善されなかったらもう一度診察に来て下さい」とだけ

看護師さんから言われ受付で46,000円を払い、

特に先生からの説明もなく、ちょっと不審に思いましたが

それよりもベッカムを早く家に連れて帰って落ち着かせて

あげたくて、すぐに家に帰りました。

家に帰っても苦しそうなので、ノドをさすってあげたりして

少しでも楽に寝れるようにしてあげるんですが、

ナナが普段甘えないベッカムが僕にずーっとくっついてるので

僕とベッカムの間に入って、自分を撫でろと要求してきたり、

ちんぷいも普段そんなに2階に来ないのに、様子を見にきたりで

みんなベッカムを心配してるんだな〜と感じました。


ベッカムはステロイドの影響からか食欲はあり、水も飲み、

オシッコも沢山しウンチもしたのですが、

相変わらず呼吸が不安定なまま一日が過ぎました。


2日目、呼吸も一日目に比べるとヒューヒューなくなりますが

散歩で庭に出し時に興奮もプラスして呼吸が荒くなり、

苦しそうにしました。朝夕共になったので、心配でした。


3日目、恐る恐る朝の散歩で庭に出したんですが呼吸も乱れず

ご飯もしっかり食べて、ナナとも走って遊んでたので、

家族の次に大切なフットサルに出かけました。

8時間くらい留守にしたので、玄関空けてベッカムの吠え声を

確認するまでは、ずーっと不安で心配でしたが、

興奮の絶頂状態でも呼吸が乱れてなかったので、

鼻に詰まったわけではなく、気管が炎症を起こしてたんだな〜と

この時点でやっと安心出来ました。


相談に乗ってくれたCHANDUさん、ありがとうございました!

心配してくれたみなさん、力になりました。あざっす!


20090330-be1.jpg

20090330-be3.jpg

20090330-be2.jpg

20090330-be4.jpg

20090330-be5.jpg
ニックネーム makko at 20:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

2/27は雪が降りました。

季節外れの雪で風邪を引いたのか、仕事から帰ると

ナナが3か所にゲーしてました。


って、簡単に書いてますが、メチャクチャ動揺しました。

まず家に入って2階を見るとベッカムしか出迎えてない。

おかしいと思い、走って階段を昇る。

ナナがプルプル震えて座り込んだまま動かない。

隣にはもどしたあとが…。

すぐさま抱きかかえるも元気はない。

大好きなお菓子にも見向きもしない。

抱いたままオロオロする俺。



で、色々あったんですが1時間後位には復活して

走りまわってご飯も食べました。

一体なんだったんでしょう??


beck-090301.jpg

beck-090302.jpg


ニックネーム makko at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする